サービス案内

生命保険・損害保険の加入見直し相談保険料に多額の家計費を使っていませんか。
家族・保険の入りすぎにより、毎月の保険料が家計を圧迫していきます。
・必要な保障がない場合があります。
・保険の目的が分からないまま入っています。
・保障内容が必要以上に重複した保険に入っています。
・必要な保障は時間の経過と家庭状況の変化により変化していきます。
・保険商品は新たな要望やニーズを反映し改善されています。

ご家族のとって必要な保障の種類・金額を明確にし、適切な商品を選ぶことで、保険料をおさえ、より一層の安心を得ることが出来ます。
現状のままでいくことを含めて定期的にチェックしましょう。
保険相談はこちらへ

相続相談相続が争続とならないようにしていますか。
相続とは亡くなった人の財産を承継することです。相続対策はライフプランの最終を飾ります。
残された遺族が安心して生活できる生活保障の仕組みを整えた後、だれ(遺族)に何(遺産)を残すのかを考えることが大切です。

悲惨なトラブルを避けるには前もってどう対策をしておいた方が良いか。相続前と相続後の対応は違いがあります。 保険・相続・不動産に強いFPに是非ご相談下さい。
相続相談はこちらへ

不動産売却相談不動産は物件毎に個別性が高く、価格についても不透明な部分があるため、不動産の売却にあたっては自ら売主という視点から条件の良い購入者を探します。

不動産業界の売却取引慣行などを考慮すると特に「区画の大きい土地」「土地の切り売り」などの売却において、効果を発揮します。また、不動産、建築・法律・税務知識などを持っているFPが対応することにより売るタイミング、売り方に関して、より有利に売却することが可能になります。

最近の売買においては売却物件に対する不動産情報、建物状況をしっかり説明できる業者でないと買主は購入致しません。売主は査定額だけで選ぶのではなく、査定価格の内容の説明を受け不動産業者と意見を交わし、お互い納得の行く価格で売りに出すことが良い方法になります。
不動産売却相談はこちらへ

住宅建築相談住宅建築は比較してもなかなか分からないものです。
建築・不動産活用に詳しいFPが公正・中立の独立した立場で住宅選びのアドバイスをします。
住宅建築相談はこちらへ

不動産購入相談不動産購入は人生の中で最大の買い物といわれています。
右肩上がりの成長が期待できない現在、他の教育資金や老後資金とのバランスと今後のライフスタイルなども考慮して住宅の取得を考える必要があります。
不動産購入相談はこちらへ

住宅ローン相談住宅ローンの選択の違いで総支払額が数百万円も変わる場合があります。金融機関が勧めるローンと私たちがお勧めするローンはまったく種類が違うことがあります。

その理由をご説明し、自己資金と借入金など、無理なく返済できる住宅ローンを組めるよう、より有利なローンを選択できるようアドバイスします。借り換えも有利であれば、アドバイスします。
住宅ローン相談はこちらへ

家計相談明るく楽しく充実した人生を送るには、将来の夢や希望を明確にしたうえでのライフプラン作りが大切です。ライフプラン実現の経済的な裏付けを考えていくのがマネープランです。マネープランのスタートは家計管理です。

現状での収入やお金の使い方、金融商品を中心とした自分の財産を確認することで、今後の家計管理や資産の運用方法が見えてきます。個々のマネープランの相談・実行のアドバイスをします。
家計相談はこちらへ

教育費・老後資金・老後設計相談学資保険や年金保険で大丈夫ですか
ライフプラン上の夢を実現するためのマネープラン、そのための大きな力となるのが資産運用です。

私たちは安全性の高い積み立て方法をお勧めします。金融商品、保険商品の両方に豊富な実務経験を持つFPが投資信託、学資保険、個人年金保険、確定拠出年金などの、あなたにとって何が適切かを考え、納得いくまで、アドバイスします。

また、心豊かなセカンドライフプラン作りは我が家(夫婦)のお金を把握することで始まります。
夫婦の退職(定年)時の家計を棚卸しをし、受給できる年金額を再度確認しましょう。
「なんとなく不安」から人生のイベント「退職」に合わせたライフプランを考え、その先を考えれば対策も立てやすくなります。

公的年金、保険、海外あるいは国内などの第二の人生の相談をFPのロングステイアドバイザーとしてご相談をお受けします。
資産運用相談はこちらへ

不動産活用相談不動産活用にあたり、私達独自の調査、賃貸需要などの市場調査を行ったうえで建築プランなどについてコンペや見積もり合わせを行い、お客様にとって最適な不動産有効活用方法を検討します。

従って、お客様の利益にならないと判断した場合は「やってはいけません」というアドバイスになることもあります。

不動産活用相談はこちらへ

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

お問合せフォーム