我が家の生命保険をチェックしましょう。

相談加入時に「適している」という判断で加入した生命保険であっても社会、経済、家庭、環境などの変化によって見直しが必要になることがあります
現状のままで行くことも含めて定期的にチェックしましょう。

初めての保険保険に加入するといっても年齢、世代やその人の状況、将来、希望や関心によっても抱える責任、経済的リスクは違います

例えば、独身男性が始めて保険に加入する場合と、既婚者でお子さんが生まれたから保険に加入しようという場合では、保証内容はまったく違ってきます。また、同じ既婚者であってもお子さんの人数や持ち家かどうかなどの条件によってもそれぞれの方にあった保証内容は異なると考えられます。保険に初めて加入する相談者の多くは、結婚するので(したため)、子供が生まれたため、体調が優れないため、身内に不幸や入院した人がいたため、営業に勧められたためといった理由が多いようです。

但し、ここで問題になるケースは体調不良になったり、病気と診断されてから保険に加入しようと思う場合です。何故なら、保険は健康状態や過去の傷病歴のよっては加入できない場合があります

生命保険・損害保険加入相談 ・見直し相談の流れFP ミクスルパートナーズでは、まずお客様の現在加入している保険商品を分析し、保証内容をきちんとご理解いただきます。

しかし、思っていた保証内容と違っていたり将来上昇する保険料が大きな負担になるといったことが問題になることがあります。そのためにも、現在加入の保険の良い点と悪い点をしっかり理解し、改善の必要があれば必要なものを持つことをお勧めいたします。

相談例加入中の保険と同様のプランでもっと安くなる保険がないでしょうか。今加入している保険が本当に自分にあっているのか見てほしい。たくさん保険に加入していて、内容がよくわかりません。適切な保険の加入について相談したい。友人が病気で入院・手術をしてお見舞いにいきました。これまでは保険に無頓着でしたが、
自分の保険のことをきちんとしておきたいと思いました。医療保険や傷害保険について教えてください。
死亡保障はどのくらいあればよいでしょうか。来月保険料が上がってしまうのですが、このまま更新していいのでしょうか。入院の保証が一生涯のものにしたいのですが、どの保険会社が良いのでしょうか。老後の資金準備として個人年金保険を考えています。これで良いでしょうか。来月出産予定です。子供が生まれたら、死亡保障をしっかり確保しておきたいと思います。同時に子供の教育資金の積み立てについても、気になります。具体的な金額やどうすればいいかを相談したい。専業主婦ですが保険に加入するとしたら、どんなものが良いでしょうか。女性疾病特約をつけないと女性特有の病気になったときに保険は下りないのでしょうか。独身のOLです。どんな保険に加入すれば良いですか。子供が生まれたので保険の見直しをしたほうがいいのでしょうか。子供の保険は必要でしょうか。結婚を機会にこれからのライフサイクルを考えて保険加入を検討したいのです。住宅を購入することになりました。住宅ローンの返済が始まるので、この機会に生命保険を見直しておきたいと思います。また火災保険、損害保険もどんな会社のどんな商品がいいのか聞きたいと思います。葬儀費用の準備を保険でしたいのですが。公的年金に不安があります。自分でも年金を準備していきたいと思いますが、
具体的にどのようにしていけば良いでしょうか。
相続税や遺産分割について、そろそろ考えておきたいと思います。
相続のために保険を活用するメリットを教えてください。

①現在の保障内容の分析・説明保険証券を元に加入中の保険の種類、保障の対象、保険期間、将来の保険料上昇、解約返戻金の有無などを性格に理解できます。

②必要保障額の計算万が一の時の公的保障(遺族年金)がどのくらい支給されるか知った上で、本当に必要な死亡保障の保険金額である「必要保障額」を知ることが出来ます。これにより、ムダな加入を見直すことが出来ます。

目的加入の目的に合っているか。
保険金額死亡保障:必要保障額に過不足は無いか
医療保障:健康保険の高額療養費と併せて過不足は無いか

保険期間保障が必要な時まで続くか
保険料払込期間はいつまでか。更新後の保険料はいくらか。
将来的に支払いの無理はないか。

返戻金解約返戻金・満期保険金は思っていた通りの額か。
貯蓄性を求めていた場合、返戻率はどの程度か(子供保険など)

④必要な保障の種類・期間の設定本当に必要な保障に絞り込むことで、保障の効果を高め保険料を抑えることが出来ます。

⑤組み合わせプランの作成公正・中立な情報の元に最も経済的な保険が選択できます。
必要な保障に最もマッチする保険タイプの組み合わせがその場で分かります。

⑥ポイント・安い保険よりムダな保険を辞める。
・保険に入らないという選択もある。
・保険の「セカンドオピニオン」として相談できます。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

お問合せフォーム