不動産売却相談

売却時の交渉に幅を持たせるには?不動産イメージ不動産売却(住宅売却)時には、購入以上に複雑な要素が絡み合ってきます。
それは、

「売り方」
「タイミング」
「税金」
「住宅ローンの切換」
「トラブル回避」

など購入以上に注意しなければならないことが多いことです。逆に考えてみると、ちょっとした工夫・方法を知っていることで、交渉を有利に運ぶことが出来るということではないでしょうか。

例えば以下のような方法が住宅売却時の交渉に幅を持たせます。
「売り方」を工夫することによって1割高く売る方法
「タイミング」を工夫することによって無駄な出費を100万円減らす方法
「税金」の知識を知っていれば80万円の節税が出来る方法
「住宅ローンの切換」のツボをおさえることにより希望額通りに新規に借りる方法
「トラブル回避」のポイントを理解しておけば余計な労力を無くせる方法


住宅売却時のご相談として税金・費用・どれとどれが発生するのか把握することが重要
住宅売却の時にご相談する内容となると、お金(税金・手数料など)の事がまず念頭に上がると思います。
普段の生活ではあまり関係ないことなので、売却手続きの際に掛かる費用や条件など、はっきりとした知識や流れを把握していないと、利潤目的の業者相手に損をしてしまうことがあるかもしれません。

不動産売却(住宅売却)についての知識があるかないかで、交渉の幅が大きく変わってくるのです。
実際に、「自宅を高く売る方法」といった本なども販売されており、工夫次第では住宅売却時の損失を最小限に抑えたりすることも可能です。また、ちょっとした知識や経験があれば有利に売却を進めることが出来ます。
でもそれを独学で勉強するのは大変なことですし、労力を考えると、そんな時は私たち不動産の売却のプロ(専門家)にお任せください。

まずは無料相談(初回のみ)をお受けください。
私たちは必ずお客様のお役にたてることをお約束します。


そんな時は私たち不動産の売却のプロ(専門家)にお任せください。まずは無料相談(初回のみ)をお受けください。
私たちは必ずお客様のお役にたてることをお約束します。

不動産売却相談の流れ

①ご売却のご相談
売却価格の適正な査定や売り出しタイミングなど、お客様のご要望にあった売却をお手伝いいたします。

②ご売却不動産の調査
不動産の早期売却のために、長所、短所を正確に把握できるように調査いたします。

③売買物件の査定
不動産の現状を把握し、市場の流通性を分析した上で、価格を査定いたします。
価格査定、市場調査、手取り額試算、売却、交換、買換え、一部売却、借地・底地の整理・交換、買取、同時売却

④媒介契約の締結
お客様との間で締結される売却活動依頼の契約です。媒介契約の種類によって活動内容が異なります。

⑤売却活動
チラシやオープンハウスなどを利用して、様々な広報活動を積極的に行います。

⑥ご案内
売却不動産のセールスポイントをしっかりと買主様に説明します。

⑦売却活動の状況報告
広報活動の経過報告を致します。

⑧購入申し込み
買主様より購入申し込みをいただきます。

⑨不動産売買契約の締結
購入希望者と売却条件の打ち合わせを行い、又買主様の住宅ローンの手続きのお手伝いも行います。両者ご納得の上で売買契約を締結いたします。

⑩物件の引渡し準備・抵当権等抹消手続き
抵当権等のローン残債がある場合、金融機関と事前に協議し、問題があれば先に手続きを行います。

⑪引渡し前の現地立会い
引渡し後のトラブルが無いよう、売主様・買主様双方の立会いをしていただき、確認していただきます。

⑫残代金の受領と物件の引渡し
買主様より売買代金を受け取り、登記を申請すれば不動産の引渡しです。

⑬確定申告
居住用不動産の特別控除や事業用資産の買換えの特例など、売却した年の翌年2月16日から3月15日の間で税務署に申告する必要があります。

住まいの上手な売却方法自分が家を売ろうと思ったときには具体的な情報が得られないため、
「どうやって頼んだらいいんだろう」
「手続きが分からない」

というようなことを考えてしまいます。

まず、初めに

・実例や事情をよく知ること。
売却されている物件情報をインターネットや業者から集めましょう。
売る側の努力しだいでその成果が大きく変わることがあります。

・良い仲介業者を選びましょう。
特に注意が必要なのは高い金額を提示する業者が良い業者という訳ではないということです。
最初に期待させておいて、後から落胆させるのが本来の専門家の仕事でしょうか。
つらいアドバイスであっても正直に説明してくれるところが本当のプロだと思いますが如何でしょうか。そして、更に大事なことは中古住宅であれば建築に詳しい業者を選択するべきです。時に何も知らない業者がおり、後でトラブルが発生する可能性が多くなります。また、土地の関しても建築法規、民法などの法律に詳しい業者でないと売主も買い主も大変な苦労をすることがよくあるようです。

・住まいの情報を出来るだけ多く出すこと。
もしあなたが買うほうだとすれば、説明書の付いている商品と付いていない商品では、どちらを選びますか。
例を挙げると「各設備の取り扱い説明書」「建物図面」「保証書」「町内会報」その他、「近隣の住宅地図」等があればこの家の利便性をアピールできるかも知れません。また買主にとっても後々の増築やリフォームに役に立ちますから売主を出来る限りの資料を用意して売却に望んだほうが良いようです。

・きれいな状態で見てもらうこと。
事前に整理整頓(出しっ放しにしない)をしておきましょう。清掃(窓の掃除、明るさ、水回り)
床のワックス掛けも印象はよくなります。
最後はリフォームです。
どうしても古い建物で全体が見劣りするときはリビングだけでもリフォームすることも効果あります。

・見学に来た方を温かく迎えること。
見学に来る方は、現在お住まいの当時の自分だと思ってください。期待と不安がいっぱいです。ぜひ温かく迎えてください。購入の決断の決め手になるのは最後は人なのです。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

お問合せフォーム